読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APS練習日記

精密射撃APSの練習記録

【人生初の試合】APS京都公式練習会【メンタルぐだぐだ日記】

2017-3-12 京都公式練習会

 

f:id:mgm_aps:20170324235759j:image

 

何をどうかこうか悩んだので心に浮かんだことをそのまま書くことにした。

 

「メンタルぐだぐだ日記」

 

京都公式の当日、朝イチで5発撃つ。10点内に収まり、気合を入れて電車で会場に向かう。何度か来たことのある國友鉄砲火薬店。京都の練習会に参加したのは3回。前日練習も午前だけ参加したのでそれも合わせたら4回になる。場所には少し慣れた。参加者はピアット組のメンバーと練習会でお見かけする方々とで知った顔も多い。

 

やらかしました。

競技が終わって思ったことは「今すぐブルズアイ撃ちたい」でした。

 

嫌な話はさっさと終わらせたい。

 

ブルズアイ

ひどかった。点数もひどかったけど、何がひどいって銃口が止まらないぐらいの震え。おかげで練習でとったことがないような点数を叩き出してしまった。

Y本さんが「銃口が下がった時に口角をあげると銃口が上がるよ」と話されていたので、笑ってみる。というか何もかもをコントロールできない自分が笑えてきた。

いやぁひどかったなぁ。

気分的には泣きそうだったんですけどそれを笑いに変えてくれたのが「年下のかわいい男の子」。ブルズの点数を言うと「え?で?2枚目は何点なんですか?」と。腹は立つけど本当にありがとう。多分本人は思ったことを口にしただけだろうけど。

 

プレート

これも震えたなぁ。後ろから見ていたいつもの練習会のメンバーが「いつものまだむと全然違った」というほど。タイムオーバーが1つあったのが惜しいなぁと思うけれど、あれだけ震えてなぜプレートが倒れてくれたのか。それの方が不思議だった。

 

シルエット

3つの競技の中では一番緊張しなかった。練習量が圧倒的に足りないし、狙点とやらもイマイチわからない。だから開き直っていたのかもしれない。ほとんどのシューターが8mから狙っていく中、わたしは6mから。これからは7mから狙っていきたいな、というのもこれは競技が終わってからいただいたアドバイス

 

試合当日の緊張をへらすためにしたこと

 

自分と長年付き合っているのでメンタルが弱いのは私が一番よく知っている。Tさんが「練習と試合は全然違います」とおっしゃっていたので、試合当日どうやって過ごすのか事前にいろんな方に聞いてみた。答えは「何も考えないようにする」「何も考えないなんて無理だから、何も考えないということを考える」ということ。

わたしは絶対いろいろ考えてしまうから、「なるべくいつも通り」でいることが大切だと思って、当日の自分を保つためにしたことを書いておこうと思う。

 

身体面

・当日はリュックで行く。

f:id:mgm_aps:20170325003151j:image

これは東の大先生が以前練習会に来られた時に「重たいものは鉄砲を撃つ手では持たない」とおっしゃっていたから。

・1時間に1回は水分を摂る。

これも東の大先生がおっしゃっていた。

・カイロをポケットに。

会場の気温がわからないので、念のためカイロをポケットにしのばせる。右手が冷えるとトリガーがとてもひきにくくなるのでわたしにとっては必須アイテム。

 

メンタル面

・タクティカルパンツをはく

f:id:mgm_aps:20170324235907j:image

ここぞという時にきっちりメイクをするのと同じように自分は強いぞと言い聞かせるためのアイテム。御堂筋シューティングクラブの面々はタクティカルパンツをはいていて、皆射撃が上手だったり心が強かったりするのでそれにあやかりたいという気持ちもあった。

鷲田清一さんのお言葉に「服は、折れそうな心をまるでギプスのように支えてくれる重要な装備でもあるのだ」とあるように、競技前と後のわたしのぐらぐらの心を支えてくれた。

・ストレッチをする

「試合の前のルーチン」と「体をあたためる」という2つの意味があるストレッチ。毎週木曜日の練習会の開始時に必ずしていることをここでも、練習会のみんなと一緒にする。

 

シューターとの交流も公式練習会の醍醐味

ツイッターでしか見たことのない方、初めましての方、いろんなシューターとお話をさせていたきました。 

 

よかったこと

前日、一緒に練習させていただいたY本さんには大変お世話になりました。

王子とお話できて嬉しかった。パンツの色は教えてもらえなかったけど。

奥さんとお話できてツイッターフォローさせてもらった。射撃姿美しい!!

enzoさん優しそうな方だったなぁ。握手してもらった!!

競技が終わった後、TMRさん夫妻とも交流がはかれた!「ブログ読んでます」って言ってもらって急に恥ずかしくなる…。

 

直接ではありませんが、わたしの悲痛なツイートを読んでくださった方からあたたかいメッセージをいただいたのも嬉しかったなぁ。

 

惜しかったこと

脳内戦争さんとはお話できなかった…うちの大先生はお話ししたそうで…教えてくれたらいいのに。しょぼん。

 

次の試合に向けて

f:id:mgm_aps:20170325000219j:image

 

もう、しょうがない。

どうしたって緊張するだろうから、呪いを…ドットサイトの電池が…ではなく本番の数をこなすことが大切なんだろうなと。あとは震えても撃てる技術?のようなものを身につけること。

そのために、とりあえずは体力が必要だと思ったのでかるーいジョギングはじめました。練習会前のストレッチだけでなく毎日自宅でするちょこっとトレーニングも。

以前、「楽しく撃てたらいいんですか?」と聞かれて答えが出せなかった。今は「1点でも高い点数を出したい」と答える。

次は大阪公式に出る予定。

またぶるぶる震えていたら、笑ってやってください。

 

ストレッチ、いきなり数人で体操を始められたらびっくりするだろうなーと思う。きっとこれからも試合の前はみんなでこれをすると思う。もし、気になる方がいらっしゃったらどんどん参加してほしいなぁと。参加してもらえたら嬉しいです。

 

大先生からのお言葉

まずは「撃沈して申し訳ありませんでした」とのことでした。そして、わたしへのお言葉は「一喜一憂せず平常心で撃つということが大事ではないかなと思いますよ」という非常にありがたいざっくりしたものでした。「試合とはそういうもんだ」そうです。

 

最後までお読みいただいた方、ありがとうございました。